聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ会とは

聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ会(SSVP)は、20才の学生フレデリック・オザナム(Frederic Ozanam)と仲間が1833年にパリで創立した国際的組織です。本会は苦しんでいる人々を援助し、これらの人々と人間的なふれ合いを通して活動しています。1997年8月にフレデリック・オザナムは聖人に列福されました。

世界の組織

パウロ会(SSVP)の本部はフランスのパリにあります。
現在、全世界134ケ国に47,000の協議会(活動の単位)と65万人の会員を抱えています。
その活動範囲は広く、金銭的に恵まれていない人々への精神的、物質的な援助を行っています。

このホームページを読んでくださった皆様へ

このホームページを読んでくださった方の中には、
キリスト教や、カトリック教会とは無縁の方もいらっしゃると思います。
ただ、このホームページは、キリスト教普及のためのものではありません。

私たちの会は、学生や社会人、主婦など様々な年齢層の人たちが、
社会生活を営みながら活動をしています。
もちろんその中には、カトリックの信者の方もおりますが、必ずしも皆さんがそうではありません。

“助けを必要としている方々のために、できる事があれば力になりたい”

この考えに賛同した人たちで活動をしている会です。

私たちがしている事

☆病気、失業、高齢、母子家庭などのために助けを必要としている方々への様々な手助け
☆養護施設や養護老人ホームなどの様々な施設、病院等への訪問。勉強の手伝い
☆外国から来られた方々への支援
☆発展途上国への支援物資
☆同様の仕事をしている他団体への協力
☆被災地(国内外)への支援。など

SSVPは、助けや協力を必要としている方々に、様々なお手伝いをしています。

“ボランティア”と聞くと、

大変そう。難しそう。とか、時間の余裕がない、はたまた面倒くさい。
など、いろいろな意見や疑問があると思います。

でも、疑問があるからこそ、まずははじめてみませんか?